会員の方はログインして下さい。

世界の子どもにワクチンを 日本委員会

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 : 
投稿者: hitomishigeo 投稿日時: 2012-1-1 0:34:42 (854 ヒット)

2012年度のホームページが開設されました。
こちら


 : 
投稿者: hitomishigeo 投稿日時: 2011-10-8 17:44:25 (1198 ヒット)

 市民による市民のための町づくりのために、遠くドイツの地で産声をあげ、基本理念は踏襲しつつも独自の変化を加えて日本に浸透した市民討議会は、市民と行政との橋渡しの事業であると言え、市民から見ても行政から見ても政治的中立性を持ち、非営利を目的とする組織が運営することが求められます。市民討議会は、行政、市民及び地域に対してJCだからこそできる事業ではないでしょうか。
 
 本日は実際に電話帳より無作為抽出された那須塩原市市民の皆様をお呼びして、那須塩原市初の市民討議会を開催いたしました。
本日ご参加いただきました皆さまには、丸一日という長丁場にも関わらず、活発な討論、すばらしいご意見をいただきまして大変感謝いたします。
この意見を私たち黒磯那須青年会議所で集約し、市に報告書を提出させて頂きます。ありがとうございました。


 : 
投稿者: hitomishigeo 投稿日時: 2011-8-15 16:07:10 (1169 ヒット)

 8月例会といたしまして、下記の通り「みるミルフェスタ」を開催いたします。
 本来8月は第14回那須野ふるさと花火大会として、みなさまにご協力を仰ぎ「地域の子供たちのため」盛大に花火を打上げる予定でしたが、東日本大震災の影響もあり安全面など考慮した結果、実行委員会では、苦渋の決断ではありましたが今回の打上げは断念しました。
 しかし、地域の青年団体として「何かしなくては!」と想いから、委員会では震災、原発の問題以降、風評被害などで苦しんでいる地域の特産である牛乳、酪農家の方の手で助は出来ないか。ということで、今回の例会を企画しました。

開催日時 2011年8月27日(土) 10:00〜15:00

開催場所 那須ガーデンアウトレット

開催内容 参加無料
【黒磯那須青年会議所ブース】
・ミルクトークショー
・クックマンによる牛乳餅の無料配布
・バター作り教室(25組×4回)
・牛乳クイズ(各100名程度)
・あしなが育英会 震災孤児のための寄金

【酪農とちぎブース】
・牛乳試飲、販売
・疑似搾乳体験(ベストアダー)
・牛乳早飲み大会

お問い合せ
●青年会議所開催内容に関するお問い合せ
 社団法人黒磯那須青年会議所 落合
 jisedai@kuroisonasu-jc.com

●酪農とちぎの開催内容に関するお問い合せ
 酪農とちぎ農業協同組合青年部黒磯支部 事務局 平山
 K.Hirayama@rakunoutochigi

※迷惑メール対策のため「@」を全角にしてあります。


共催:社団法人黒磯那須青年会議所
   酪農とちぎ農業協同組合 青年部黒磯支部

協力:那須塩原市商工会 青年部
   クッキング戦士クックマン

皆さまのご来場お待ちしております!


 : 
投稿者: hitomishigeo 投稿日時: 2011-8-12 0:10:24 (914 ヒット)

「那須を希望の砦にしよう!」プロジェクトに、社団法人黒磯那須青年会議所は参画しています。

以下、「那須を希望の砦にしよう!「呼びかけ文」より。

2011 年3 月11 日、東日本は大震災に見舞われ、那須地域も少なからぬ被害を受けました。震災に伴って発生した福島原発事故は炉心溶融に至るも未だ収束せず、予断を許されぬ状況が続いています。原発から約100km離れた那須地域にも放射性物質が飛来し、堆積量は無視できないレベルに近づきました。

「この地に留まって乳幼児の安全を守れるのだろうか?」、「校庭で子供を遊ばせていて大丈夫だろうか?」という懸念が父母の間に拡がっています。「牛に牧草を食べさせ続けて大丈夫だろうか?」、「野菜を栽培しても出荷できるのだろうか?」と、牧畜業・農業に携わる人々は不安になっています。観光客も大幅に減り、観光業に携わる人々は焦燥の念に駆られています。

原発事故の収束には長期間かかるという政府の見通しをも考えると、那須地域の先行きは必ずしも楽観できるものではなさそうです。手をこまねいていては、不安と混乱が深まり、更に悪い状態を招くことが懸念されます。
ならば、しっかり目を見開いて事実を直視し、みんなの努力で那須を本当に安全で安心な地域にしてみようではありませんか! 住民がお金を集め、住民が放射能レベルを測定して分析します。空気も水も野菜も牛乳も・・・みんな測ってし
まいましょう。大勢の住民が力を合わせれば、それができます。どれくらいの放射能レベルなら本当に安心できるのか・・・みんなで勉強しましょう。根拠に乏しいデマに脅えていては子供たちを守ることはできそうにありません。安心できないレベルが検出されたらどうしましょうか?・・・みんなで考えて、できることは全部やってみましょう。行政サイドも放射能問題に全力で取り組んでくださっています。ありがたいことです。連携プレーで臨みましょう。

住民が主体になって本当に安全で安心な地域にしている・・・この姿は他の地域の人にも伝わって、勇気と希望をプレゼントできるかもしれません。多くの人が安心して那須を訪れてくださるかもしれません。だから、このプロジェクトを「那須を希望の砦にしよう!」と名付けてみました。少し気恥ずかしいのですが・・・。


このプロジェクトへの積極的な参加をお願いします。みんなで心を一つにして、みんなの力で那須を希望の砦にしましょう。皆様方の参加をお願い申し上げます。
2011 年5 月19 日

<事務局>
E-mail toride@nasu-house.com
※迷惑メール対策で@を全角にしてあります。

「那須を希望の砦にしよう!」プロジェクト公式ホームページ
http://toride.saloon.jp


 : 
投稿者: hitomishigeo 投稿日時: 2011-6-30 16:07:00 (1250 ヒット)

 3月11日震災後の政府機関や各関係部署のリーダーシップの欠如が多くの問題を引き起こしている現状を鑑み、7月例会として「リーダーシップを学ぶ」研修事業を開催いたします。
 本事業では、各専門家が論じられているリーダーシップ論ではなく、実際の会社や家庭で明日からでも活用出来るリーダーシップを体験、学習し今後のいろいろな場面での使用出来る事業内容として考えております。


開催日時 2011年7月12日(火) 19:30 〜21:45
受付時間 19:00〜
服  装 クールビズスタイル
開催場所 ニュー榊原会館
住  所 那須塩原市豊浦中町100-10


懇親会場 同 上 
会  費 4000円(登録は事前登録・会費は当日徴収になります)


<お申し込み方法>

申込依頼書にご記入の上、FAX 0287-62-3343へお送りください。
申込依頼書はこちら[pdf/256kB]


(1) 2 3 4 ... 9 »